So-net無料ブログ作成
検索選択
Windows7-RC版 ブログトップ

マイクロソフトよりWindows 7リリース候補版に関するメール [Windows7-RC版]

今日、マイクロソフトより「Windows 7 リリース候補に関する発表」というメールが来ました。一部転載します。

00013.jpg


Windows 7 リリース候補に関するお知らせ

Windows 7 ベータ版のテストにご協力いただき誠にありがとうございました。皆様のフィードバックは、Windows 7 を質の高いオペレーティング システムへと完成させるうえで貴重な情報です。皆様のご協力のおかげで、このたび Windows 7 開発の次の重要なマイルストーンである、リリース候補 (RC) が完成いたしました。

-
4 月 30 日 より、MSDN サブスクリプション会員およびTechNet Plus サブスクリプション会員の皆様を対象に、本 RC 版の提供を開始いたしました。
-
5 月 5 日 (火) (太平洋標準時) より、すべてのユーザーの皆様に、マイクロソフトのカスタマ プレビュー プログラムを通して、本 RC 版を提供いたします。Windows 7 RC カスタマ プレビュー プログラムは、ベータ版と同様、希望するすべてのユーザーに RC 版を無償でダウンロード提供する一般公開プログラムです。このプログラムによる本ソフトウェアの提供は少なくとも 2009 年 6 月 30 日まで行われ、ダウンロード回数やプロダクト キーの数に対する制限もありません。
とのことです。明日ですね。ダウンロードしてディスクに焼き早速試してみたいと思います。


【Windows 7】[レポート]OS選択画面で標準でVistaが起動するようにする。 [Windows7-RC版]

今回は7からでなく、Vistaからです。(途中7のキャプチャですが。)

デュアルブートにしていると後からインストールしたOSが何もしなければ起動してしまいます。(今回の場合は7)

Vista+Windows 7のデュアルブートにしていると後からインストールした7が既定のOSになってしまいます=電源ボタンを押して何もしないと7が起動してしまう。

これは不便だと思われている方がいらっしゃると思うので標準でVistaが起動するようにする設定方法を紹介します。

まず、Vista、7どちらでもいいのでを起動します。

そしてスタートメニューのコンピュータを右クリックします。

無題.png

そしてプロパティを開くとコントロールパネルのシステムが開きますので「設定の変更」をクリックします。

00000.png

 そうすると「システムのプロパティ」が開きます。「詳細設定」のタブにある「起動と回復」の項目にある設定を開きます。

 00002.png

ここで既定のオペレーティング システムを「Windows Vista」にすれば次回から何もせずにVistaが起動するようになり、7は選択しなければ起動しないようになります。ちなみに選択する待ち時間も設定できます。標準では30秒ですが、短い時間でいいなら10秒などに設定するといいと思います。

00003.png

 

この方法は基本的にWindows同士のデュアルブートなら使えると思います。(未確認ですが)

以上、デュアルブート時にvistaを選択せずにvistaを起動するようにする方法でした。


【Windows 7】[レポート] 08/2/14 [Windows7-RC版]

Windows 7のリポートです。Windows 7から書いてます。

VistaのAeroは結構インパクトがありましたが、今度はこんな機能がついています。

00002.jpg

 

続きを読む


Windows 7 ベータ版 リポート、レビュー [Windows7-RC版]

Windows 7(以後7)を少しレポートします。
仮想環境にインストールしようとしていましたがエラーが出るのでちょうど作っていた自作PCにインストール。

自作PCにへのインストールは1回目は失敗し2回目で成功。ほとんどインストールはVistaと変わっていません。

00016.jpg
7のデスクトップ

 いろいろ開いてみましょう。

00000.jpg

ペイントもoffice2007で採用されていたリボンが採用されています。

 00001.jpg

ワードパッドも同様にリボンが採用されています。

 00002.jpg

次は電卓です。電卓もデザインが変更されています。

00003.jpg

統計というモードもついていました。プログラミングとかはあったと思いますが統計は新機能だと思います。

 00004.jpg

単位を変換する機能もついています。

00018.jpg00019.jpg00020.jpg

日付の計算、テンプレートでローンや燃費も計算できるようになってます。

00005.jpg

スタートメニューは大きな変化はなし。変わったところといえばシステム全体でコンピューターなどのように伸ばす表記に換わっています。

例:スキャナ→スキャナー、プリンタ→プリンター、エクスプローラ→エクスプローラーなど。

 00007.jpg

エクスプローラーも少しだけ変化しています。

00008.jpg

ベータ版だけの機能、「フィードバックの送信」。ここで送られた情報を元にして改善していくみたいなので不具合を見つけたら報告してあげてください。

00009.jpg

ベータ版は完全に日本語になっておらずヘルプはすべて英語です。

 00011.jpg

コマンドプロンプトはまったく変化なし。

00012.jpg

リソースモニターはグラフが上から右に移動。

00013.jpg

00014.jpg

コントロールパネルは少し変化。

 00017.jpg

後、気になるところはフォトギャラリーから修正がなくなってます。トリミングなどができて便利だったんですがどうなるんでしょう?製品版では復活してほしいです。

 

以上、リポートでした。8月の使用期限まで使ってみて気になった点などを記事にしますね。

 【前回の記事はコチラ】


Windows7β版ダウンロード開始 ~使ってみる~ [Windows7-RC版]

windows7のベータ版のダウンロードが始まったので使ってみたいと思います。

今回は仮想環境にインストールします。
ベータ版は公式サイトからダウンロードできます。32bit版のjapaneseを選択してGOをクリックすればあとは簡単にダウンロードできます。ダウンロードにはwinsows Live IDが必要なのとIE以外のブラウザだとダウンロードできませんのでご注意ください。

ダウンロードは結構時間が掛かるので気長に待ちましょう。

本来はダウンロードし終わったらDVDに焼くんですが仮想環境にインストールするので今回は焼きません。

ちなみに仮想PCにはVirtualBoxを使いました。

あとはドライブの代わりにISOファイルを指定して起動するだけです。
00005.jpg

おおっ、ここまで来るとなんか感動がありますね!

ということでこれより後は次回。

【続きはコチラ】



Windows7-RC版 ブログトップ