So-net無料ブログ作成
検索選択

無償アップグレードでWindows7 32bitからWindows10 64bitへ [Windows10]

 10.png

Windows10がリリースされました。一年間の無償アップグレードが可能ですが、Windows7や8での通知などにしたがってアップグレードすれば、32bitOSの場合は32bitのWindows10にアップグレードされます。

ですが、この無償アップグレードを利用すれば、無償で32bitから64bitに乗り換えることも可能です。ちょっと複雑な手順を踏みますが。

手持ちのパソコンはHPの5220mでOSはWindows7の32bit。写真をやるのでRAW現像なんかするときにはメモリが4GB以下しか認識できないのはネックになります。また64bitしか対応しないソフトウェアなんかも出てきている状況。

そこにWindows10の無償アップグレードの話が出てきたので32bitから64bitに乗り換えました。簡単にメモとして書いておきます。Windows8からも同様の手順でできるかと思います。

大きな流れとしては、Windows10(32bit)にアップグレード→Windows10(64bit)をクリーンインストールとなります。


1,下準備

まずWindows10のダウンロードから64bit版のISOファイルをダウンロードしました。

Windows7からアクセスすると、メディア作成ツールしかダウンロードできず、ISOファイルを直接ダウンロードできません。なのでMacからアクセスして64bit版Windows10のISOファイルをダウンロードしました。

そしてISOファイルをDVDに焼いてインストールメディアを作っておきました。

追記(2015/08/31):メディア作成ツールから64bit版のインストールメディアを作ることも可能のようです。なのでメディア作成ツールをダウンロード→64bit版Windows10のインストールメディア(DVDもしくはUSBメモリ)を作るで大丈夫です。

またクリーンインストールなのでデータを引き継げないことと、失敗した時のことを考えて、Easeus Todo Backupを使って使っていなかったHDDにHDDのクローンを作っておきました。まあクリーンインストールしてもドキュメントとか個人のファイルはは「Windows_old」 として残ります。

2,Windows7(32bit)からWindows10(32bit)へアップグレード

とりあえず普通にWindows10へアップグレードします。アップグレードの通知からWindowsUpdateを使いやっても大丈夫です。自分はダウンロードした32bitのDVDからアップグレードしました。

とにかくどんな手順でも無償アップグレードでWindows10(32bit)にすれば大丈夫です。

データはあとで64bitはクリーンインストールになるので、引き継がなくてもいいと思います。

一応、アップグレード完了後、コントロールパネルからシリアルコードはメモっておきましたが、結局使わず。

3,Windows10(64bit)をクリーンインストール

準備でダウンロードした作った64bitWindows10のDVDを使ってインストールします。

ポイントとしては、インストール先はWindows10(32bit)のパーティーションにすること、何回かシリアルコード入力を求めれますがすべてスキップまたは後で入力するにすることの2点です。

シリアルコード入力をスキップしても、インストール先をWindows10(32bit)のパーティーションにしておけば、インストール完了後、勝手にライセンス認証されています。

これで無事に64bit化が完了です。


2回インストールすることになるので、それなりに時間がかかります。またデータはクローンを作っておくなり、なにかしらバックアップをとっておくべきです。

また一気にWindows7 32bitからWindows10 64bitになるので、各種ドライバがあるのかも確認しておく必要があります。 幸いにも5220mでは1つだけ不明のデバイス(何が認識されていないのかわからないですが、実用上は問題ないのでスルー。謎です)以外はドライバもうまく入手出来ました。

Windows10自体はカスタマイズの幅も広く使いやすいかなーと思います。NikonのRAW現像ソフト CaptchaNX-Dは以前は動きがかなり遅かったのですが、64bitにしてからはキビキビと動くように。メモリ自体は4GBしか積んでいないのでそこまで変わらないはずですが、ソフト自体が64bitを想定して作っているのかもしれません。


スポンサーリンク

―――――――――――――――――――――


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 4

Chacha-maru

hp ProBook 4540s で同じように、Windows7(32ビt)からWindos10(32bit)にアップグレードし、DVDに焼いたWindows10(64bit)をインストールすると、"このアプリはお使いのPCでは実行できませn"となりました。残念。
by Chacha-maru (2016-01-23 15:20) 

sts98

Chacha-maruさん
64bit版をインストールする際、クリーンインストールですので、
Windows上ではなく、DVDからブートさせてください。
by sts98 (2016-01-30 14:14) 

Chacha-maru

sts98さん
ご返信ありがとうございます。

hp ProBook 4540sを付属のWindows7pro で初期インストールした後Windos10(32bit)にアップグレードし、DVDに焼いたWindows10(64bit)からインストールすることができるようになりました。
hp protect toolsの一つがアンインストールできなかったのが原因のようです。
今Windows10(64bit)からインストールしています。
ありがとうございました。
by Chacha-maru (2016-02-28 17:11) 

gorilla02

Chacha-maru さん

僕も HP ProBook 4540sなんです!同じく”このアプリはお使いのPCでは実行できません”と出て困ってました。
HP Protect Toolsをアンインストールすればいいのですね?
やってみます!
by gorilla02 (2016-03-16 03:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: